> コラム > アグリゲータービジネスの現状と未来(2)

アグリゲータービジネスの現状と未来(2)

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

前回は、家庭部門へのアグリゲータービジネスにの現状と未来について紹介した。第2回目となる今回は、実際にどのようにして、エネルギーマネジメントだけに留まらないサービスを生み出していくのかについて検証する。新ビジネスの創出において、キーワードとなるのが、HEMSから得られる電力利用データに係るビッグデータの利活用だ。

魅力的なサービスのためのビッグデータ利活用

まず手始めに電力の見える化や省エネのアドバイスといったエネルギー分野でのサービスが考えられる。今までは一ヶ月に一回領収書が届き、その金額を見て今月は使いすぎた、という結果論でしか電力使用量を見ることができなかったが、スマートメーター及びHEMSのデータを活用することでほぼリアルタイムで、電力の使用量が分かるようになる。

(※全文:2,054文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.