> コラム > 神奈川県、九都県市を代表して太陽光発電コスト低減など国に要請

神奈川県、九都県市を代表して太陽光発電コスト低減など国に要請

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

神奈川県は5月「太陽光発電の普及拡大」として、発電コストの低減、固定価格買取制度の買取価格の別区分化や、電力系統への接続可能量等の公表、蓄電池の導入促進、送配電網を利用する託送料金の見直しなどを要請した。

再生可能エネルギーの導入拡大

九都県市首脳会議は1979年に発足した六都県市首脳会議を母体とし、現在、埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県の知事、横浜市・川崎市・千葉市・さいたま市・相模原市の市長の九都県市が、長期的展望のもとに、共有する膨大な地域活力を生かし、人間生活の総合的条件の向上を図るため、共同して広域的課題に積極的に取り組むことを目的とした首脳会議。

(※全文:1,103文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.