> コラム > 町ごとに違うバイオマスニーズを取り入れ産業都市を形成

町ごとに違うバイオマスニーズを取り入れ産業都市を形成

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

CO2削減に端を発するバイオマス利用は東日本大震災を契機に発電所として注目され、13年の農山漁村再エネ法で産業都市構想として織り込まれ、普及発展を期待される。農山漁村の活性化策の切り札の一つとなりそうだ。

バイオマスは12年の事業化戦略により地域循環型のエネルギーとして位置づけられ、生産から収集運搬、利用に至るまで自治体と企業の連携やプラントメーカーの参画による運営など、取り巻くビジネス環境が整いつつある。「流れはこれまでの『使う』から『どのように使うのか』に変わった」と、農林水産省 食料産業局 バイオマス循環資源課長の谷村 栄二氏は強調する。今後の課題は「地産地消のエネルギーとして地域内でいかに利用できるかだ」とする。

(※全文:2,512文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ