> コラム > エネマネと連携し、攻めの省エネ投資を実現(前編)

エネマネと連携し、攻めの省エネ投資を実現(前編)

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

経済産業省は「省エネの徹底推進」として、2014年度補正予算1610億円、15年度当初予算1288億円を計上。エネルギーコストの変動に直面する中小製造業は、これら支援をどう活かせばいいのか。その内容、狙いを資源エネルギー庁省エネルギー対策課課長補佐、福田光紀氏に聞いた。

僅か1カ月で応募を締め切った設備導入補助金

今年の春、省エネルギーに関する事業者支援で申請が殺到した補助金があった。2014年度補正予算「地域工場・中小企業等の省エネルギー設備導入補助金」の「最新モデルの省エネルギー機器等導入支援(A類型)」である。

エネルギーコスト高騰に対する緊急支援として措置された。公募は3月中旬から行われたが、僅か1カ月ほどで予算枠に達し、終了したのである。殺到した理由には申請手続きが簡単だったこともあった。

(※全文:1,966文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.