> コラム > 太陽光、全世界で19年には450GWに(前編)

太陽光、全世界で19年には450GWに(前編)

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

太陽光発電は、ソーラーパネルのめざましい価格の下落によって、一気にその市場を拡大してきた。他の発電施設との価格差もほとんどなくなり、持続可能エネルギー源であることが認知され、その認識はさらに深まっている。欧州ならびに世界主要国におけるPV市場の目覚ましい成長を分析している。

世界市場の最新情報

  • 2013年の37GWから、最低でも40GWのPVシステムが14年に設置され、ソーラー・セクターでの新記録となる。
  • 14年、中国、日本、アメリカの3か国がトップ・マーケットとなった。
  • 世界レベルで今後5年間の間に540GWに達成するであろう。
  • 14年ヨーロッパでは、PVによる7GWが送電網に接続された。
  • イギリスがはじめて2.4GWで、ヨーロッパの太陽光発電の普及においてリードし、次いでドイツ(1.9GW)とフランス(927MW)となった。
  • イタリア、ドイツ、ギリシャのヨーロッパ3か国では、ソーラーによる電力が電力需要の7%超をカバーしている。
  • 19年までにヨーロッパでは、太陽光発電ソーラー・パワーが80%までに成長する可能性がある。

(※全文:3,947文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ