> コラム > 国際情報を分析し、日本の次の10年に活かす

国際情報を分析し、日本の次の10年に活かす

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

次の10年、日本のエネルギー問題がどこへ向かうかを占うのは難しいが、どのようにすべきか指針を示すのは実はそう難しくない。なぜならば、海外情報を冷静に分析し、他国の「過去の10年」を精査すれば日本が今後何をすべきかが自ずと明らかになるからだ。これからの日本の方向性について、関西大学 安田氏に寄稿いただいた。

変わる世界、変わらない日本

図1は主要先進国の電源構成(各電源のkWhの割合)の変遷を示したものであり、1990年を基準として現在まで各電源がどれだけ増減したかを示したものである。各国ごとに個性があるものの、主要先進国全体の傾向としては (i)石油火力と石炭火力を減らす、(ii) その分、再エネ(とりわけ風力)とガス火力を増やす、というトレンドが認められる。

(※全文:2,369文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

この記事の著者

安田 陽(やすだ・よう)

関西大学 システム理工学部 准教授

1989年3月、横浜国立大学工学部卒業。1994年3月、同大学大学院博士課程後期課程修了。博士(工学)。同年4月、関西大学工学部(当時)助手。専任講師、助教授を経て現在、同大学システム理工学部准教授。現在の専門分野は風力発電の耐雷設計および系統連系問題。 現在、日本風力エネルギー学会理事。電気学会 風力発電システムの雷リスクマネジメント技術調査専門委員会 委員長。IEA Wind Task25(風力発電大量導入)、IEC/TC88/MT24(風車耐雷)などの国際委員会メンバー。主な著作として「日本の知らない風力発電の実力」(オーム社)、翻訳書(共訳)として「洋上風力発電」(鹿島出版会)、「風力発電導入のための電力系統工学」(オーム社)など。

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.