> コラム > 廃棄物実務管理の新たな認定資格制度が発足「廃棄物インスペクター®」
新しい廃棄物管理認証「廃棄物インスペクター」

廃棄物実務管理の新たな認定資格制度が発足「廃棄物インスペクター®」

環境ビジネス編集部

記事を保存

一般社団法人 環境適正推進協会は、廃棄物処理業者・経営者、営業職、事務職、排出事業者廃棄物担当、環境担当者などを対象に、廃棄物の管理実務について的確に知識習得ができる認定資格「廃棄物インスペクター®」制度を発足させた。「廃棄物インスペクター®」の認定講習が神奈川県川崎市で、11月14日(土)、15日(日)、2月15日(月)、16日(火)に開催される。

同資格を取得すると、廃棄物処理再生と資源循環に関する法律の調べ方や、企業の廃棄物処理再生の業務フローにおける管理ポイント、また業者選定の基準点などが理解できるようになる。さらに、企業の廃棄物処理再生における法令遵守をはじめ、報告書の作成、処理場での処理状況の確認なども行えるようになるという。

(※全文:1,077文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

新しい廃棄物管理認証「廃棄物インスペクター」 バックナンバー

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.