> コラム > 廃棄物管理の勘どころは廃棄物の定義・区分から目論むべし!
新しい廃棄物管理認証「廃棄物インスペクター」

廃棄物管理の勘どころは廃棄物の定義・区分から目論むべし!

 印刷 記事を保存

このところモノづくり企業は言うに及ばず流通系の企業群においても、廃棄物処理をつかさどる法律(廃棄物処理法:現行は"廃棄物の処理及び清掃に関する法律":略称三文字で"廃掃法")の改正について、様々な観点で議論がなされている。廃棄物には無頓着と言われていた"流通系"が本気度を強めたことが目新しい。

このきっかけは2011年4月1日から施行(セコウと書いてシコウと読む:法律が世の中に降りてきて効力を発揮しだしたこと)の改正法にて"排出事業者(ゴミを捨てる決定をしてその行為を取り仕切る事業者)の現地確認の義務"が国においては"努力"として、早合点の自治体においては"当然の義務"として課せられたことが排出事業者に"当事者意識を高めた(目覚めさせた)"と言えよう。

(※全文:1,077文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

新しい廃棄物管理認証「廃棄物インスペクター」 バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.