> コラム > CSRを標榜するなら廃棄物管理をザ・グローバル・ゴールズへリンクさせよ!
新しい廃棄物管理認証「廃棄物インスペクター」

CSRを標榜するなら廃棄物管理をザ・グローバル・ゴールズへリンクさせよ!

 印刷 記事を保存

「大量生産・大量消費・大量廃棄」の二十世紀が終わり、二十一世紀は「環境の世紀」と唱えられた。それからはやくも干支一回りちょっとを迎えた。

名だたる企業群は「CSR:従来の経済的・法的責任に加え、あらたに社会的責任をもこなす企業姿勢」を、自らのブランドの付加価値として掲げ、たたえ、環境報告やCSR活動のドキュメント(例えばWEBや書類・報告書)として情報開示をおこなってきた。―(どちらが先かは別にして)―投資家もネガティブスクリーニングを使った減点排除の手法となるSRI(“社会悪”な企業には投資をしない-社会的責任投資)から、発展進化させた指標を判断基準にして、「ESG投資:投資は対象企業の“環境”“社会”“企業統治”をみて積極的に判断する」を展開してきている。

循環型社会とその先にある持続可能な社会構築への布石として、喜ばしいことではある。とはいえ、実際にその指標で業界(企業セグメント)の競合他社とを比較対象可能とさせるには、それは大括り過ぎるし、優先順位づけをしても…“使えない枠組み”だった。

企業が自社の考えるマテリアリティで細かく分類をしても、それが他社のものと同一でなく比較できないとステークホルダー(利害関係者:投資家や消費者・その他大勢)にはピンとこない。その意味で指標の括り方とその成果の見せ方が、課題でもあり問題でもあった。

そこでオススメな枠組みが2015年9月に議論され、公開まで漕ぎ着いた国連の「持続可能な開発目標ファクトシート」をツールとして活用する方法だ。

(※全文:2,174文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

新しい廃棄物管理認証「廃棄物インスペクター」 バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.