> コラム > 出遅れた日本、巻き返しはあるか

出遅れた日本、巻き返しはあるか

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

パリ協定が劇的な賞賛とともに閉幕して1年弱。日本が思ったより世界は気候変動を深刻に捉え、ビジネスにつなげようとしている。当初は予想しなかった「パリ合意の早期発効」が確実になる一方、日本は批准の遅れから第一回締約国会議(CMA1)の不参加が明確になった。はたして日本の逆転はあるか。COP22に日本の交渉官として参加している島田久仁彦氏の見解とは。

(※全文:1353文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

この記事の著者

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ