> コラム > 独自のシステムを構築し、AIで電力需給と発電を予測・管理

独自のシステムを構築し、AIで電力需給と発電を予測・管理

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

安藤ハザマは、Mirror Life、サイテック・ジャパン、アバール長崎、ファーストリリーの協力のもと、AI(人工知能)を活用した新たなEMSを含むスマートエネルギーシステム〈AHSES:Adjusting to Human Smart Energy System〉を開発した。来たるZEB時代をにらんだ、独自システムだ。

ZEB実現に向け、開発

建築に強みを持つ安藤建設と土木に定評のあるハザマが合併し、2013年4月に誕生した『安藤ハザマ』。環境に優しい建設会社を目指し、環境・省エネ関連の研究開発にも力を入れる。

(※全文:1819文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.