> コラム > まだコスト高?価格データで見る「日本の太陽光発電」

まだコスト高?価格データで見る「日本の太陽光発電」

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

太陽光発電システムの価格は、技術の進歩や各社の努力もあり年々低下してきている。しかしながら、経済産業省の審議会・調達価格等算定委員会ではFITからの自立を目指したさらなるコスト低減が課題であるとの指摘がなされており、目標価格が提言されている。このような状況のなかで、いかに収益性を保って事業を進めていくかが重要になるだろう。

日欧のシステム価格比較(非住宅)

日本のシステム価格は欧州の約2倍。内訳はモジュール・PCS価格が1.7倍、工事費・架台等の価格が2.1倍であるという。

(※全文:2684文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

 印刷 記事を保存

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.