> コラム > 再エネの主力電源化に伴う制度面の解説・戦略の方向性

再エネの主力電源化に伴う制度面の解説・戦略の方向性

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

日本の再エネは、固定買取制度がスタートすると一気に導入量が増加。現在では世界的な脱炭素の流れから、再エネの主力電源化も真剣に検討されつつある。そのような状況を踏まえ、日本総合研究所 段野孝一郎氏が、再エネの主力電源化に伴う現在進められている制度面の解説やビジネスチャンスなどについて解説した。

(※全文:2583文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

 印刷 記事を保存

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.