> コラム > 大学発ベンチャーとして初上場、日本独自の技術でSDGs達成に寄与

大学発ベンチャーとして初上場、日本独自の技術でSDGs達成に寄与

微細藻類『ミドリムシ』を起点に栄養・健康領域やエネルギー領域の事業に取り組むユーグレナ。同社の生い立ちはSDGsに深くつながる。ミドリムシに社会課題解決のカギを見出し、大学発ベンチャーとして初めて上場を果たした創業者の出雲充氏に、SDGs達成に必要な〈イノベーターシップ〉とは何かを聞いた。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 95 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.