パリ協定とSDGsが好機を生む、日本を再び環境ビジネス先進国へ(後編)

(前編はこちら

持ち前の環境先進技術とアイデアでJAPAN方式を採用する国々や企業を増やす

ちなみに、デロイトトーマツConsultingの試算では、2030年までにSDGs関連のビジネスの市場規模は800兆円に達する見通しとのことですが、SDGsを商機ととらえる企業の割合は欧州では64%ほどであるのに対し、日本では37%ほどに留まるなど大きな差となっているようです。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報