> コラム > ESG視点重視の今、企業は『経営ビジョン』とどう向き合うべきか(後編)

ESG視点重視の今、企業は『経営ビジョン』とどう向き合うべきか(後編)

社会貢献をビジョンに打ち出す

2014年の調査から5年、吉田氏が当時の成長企業の動向を追ったところ、37社中、10年連続で10%以上の成長を継続している企業は1社。7%以上の成長を続けている企業が5社、プラス成長の企業が8社という結果が出た。

10年連続で10%の成長を継続している1社については、経営ビジョンは2014年の頃と変わっていない。その内容は『企業の価値を最大化するために社会的な責任を果たす』、『持続的な成長を遂げていくために教育体制の充実を図り人材の育成に努める』といった、サステナビリティ的な内容となっている。

(※全文:2004文字 画像:あり)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.