> コラム > 大規模太陽光発電が稼働、瀬戸内市『地域共生』の発電事業とは?(後編)

大規模太陽光発電が稼働、瀬戸内市『地域共生』の発電事業とは?(後編)

市の優先度に応じ、資金を活用

太陽光発電所ができたことの経済的な恩恵という意味では、税外収入としての借地料と固定資産税が、市にとって非常に貴重な収入源となっている。

瀬戸内市では、その借地料の6割を安全安心対策に積み立て、4割をまちづくりに使っていく計画を立てている。

まちづくりに関しては、観光地へ繋げていくため、堤防沿いを通る道路を新しく作ったり、コミュニティセンターの充実や駅前整備などの事業に資金を活用。6割については、いざという時のための災害対策、堤防やポンプの維持管理にあて、万全の対策で安全安心を維持していく。

(※全文:1899文字 画像:あり)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.