「サプライチェーン・マネジメント」入門 SCMで企業が選別される時代に

「デュー・ディリジェンス」がビジネスの国際ルールに 重要な2つのポイント

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです(&corp; tashatuvango / amanaimages PLUS)

画像はイメージです(© tashatuvango / amanaimages PLUS)

今日のサプライチェーン・マネジメントは、QCD(品質、コスト、納期)の効率化に加えて、サプライチェーン全体の環境や労働、人権に配慮した「責任あるサプライチェーン」を構築することが求められている。広範囲に拡がるサプライチェーンをどのようにして管理すればよいのか。それに答えるのが、国連「ビジネスと人権に関する指導原則」に則った「デュー・ディリジェンス」のプロセスである。今やグローバルなサプライチェーン・マネジメントに不可欠となった「デュー・ディリジェンス」について、その概要と実行する上での留意点を見ていきたい。今回は特に重要な2つのポイントについて、重点的に解説する。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報