> コラム > ESG時代に考える いま求められる企業経営のあり方とは

ESG時代に考える いま求められる企業経営のあり方とは

ESG投資への対応が重要視されるなか、成長途上にある環境ビジネス関連企業はどのような取り組みを進めていけばよいのだろうか。企業価値評価の専門家で世界知的資本・知的資産推進機構(WICI)の日本組織で理事も務める、東京理科大学大学院教授の宮永雅好氏に伺った。

ESGの精神はすでに企業理念の中にある

― ESGの視点を自社の事業活動にどう取り入れていけば良いのか、多くの成長企業でも課題になっています。

宮永 ESGの視点は新しく取り入れるものだと思われているかもしれませんが、多くの企業ですでに、企業理念や経営理念といった「ミッション」の中で語られています。ほとんどの企業では自社の製品やサービスを通した社会への貢献や社会との調和、いわゆる「三方よし」の考え方を掲げているはずで、これはまさにESGの視点です。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.