> コラム > 米国発! 廃プラから大型立体構造物を出力できる高性能3Dプリンターが登場
環境ビジネスキャリアプレゼンツ

米国発! 廃プラから大型立体構造物を出力できる高性能3Dプリンターが登場

廃棄され不要となったプラスチックから、家具など大型の立体造形物を安く「出力」できる3Dプリンター「GigabotX(ギガボット・エックス)」を、米テキサス州に本社を置くre:3D社が開発した。プラスチックの劣化を招く工程を減らしたことで、廃プラスチックから高強度かつ「環境配慮型」の高付加価値商品を作り出せる。プラスチックごみの削減や、発展途上国の経済的自立に貢献するとして、普及に期待が寄せられている。
文・デハーン英利子 氏

024044-2

Gigabot Xで制作したスケートボード

大きなノズルで制作時間を短縮

現在低価格で購入できる3Dプリンターの多くは、プラスチックを熱で溶かして糸状にした「フィラメント」を、再び溶かしてノズルから押し出し、層状に積み重ねて造形する。しかし、プラスチックはフィラメントになる過程と出力過程で、何度も熱を加えられて押し出されるため、劣化が進んでしまう。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。

この記事の著者

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.