> コラム > これからの配送は『返却&再利用』 SDGs時代にマッチする新たなツール
環境ビジネスキャリアプレゼンツ

これからの配送は『返却&再利用』 SDGs時代にマッチする新たなツール

今では私達の生活に不可欠なネット・ショッピングや宅配サービス。欧州では、伝統的に環境意識が高かったが、気候変動や海洋ごみ問題が実感されるここ数年、循環経済への転換気運が勢いを増している。そんな中、ネット・ショッピングによる梱包材やパッケージに対し、欧州市民は嫌悪感すら抱く。RePackはこれに着目。梱包・配送の選択肢にRePackを提供するネット販売業者を募り、返却・再利用できる梱包・配送システム構築を広げている。

ネット販売業者と心ある消費者を仲間に

RePackが開発したのは、配送用封筒(S・M・Lサイズ)とこれを回収し整えて再利用する仕組みだ。ネット販売業者はその仕組み全般を有償で購入し、ネット上のお客様からの購入画面で、選択肢として「RePack封筒による配送(これも有償)」を用意する。これを選んだ顧客は、RePackの黄色の封筒に入った商品を受け取った後、指示に従って封筒を折り畳み、同封された返送シールを貼ってポストに投函する。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 84 %

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.