> コラム > 「ハレの日」と「ケの日」の食品ロス、それぞれの解決策
食品ロス削減への道

「ハレの日」と「ケの日」の食品ロス、それぞれの解決策

連載第1回「食品ロス問題はなぜ解決が難しいのか その現状と課題」では、食品ロス問題を概観し、生活者にとってわかりやすい問題である一方で、具体的な量を把握しようと突き詰めて考えると、食品ロスの定義などに曖昧さが残るという課題がある事を説明した。第2回目となる今回は、発生量が多く対策が困難な、フードチェーン下流で発生する食品ロスの問題を解説する。

食品ロスの分類:「ハレの日ロス」と「ケの日ロス」

024246-2

「ハレの日ロス」のひとつ、クリスマスケーキ

まず、食品ロスを発生場所と発生機会の違いで分類してみる。表1に結果を示した。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 94 %

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.