> コラム > 脱プラ・代替プラ機運高まる今が、ビジネスチャンスだ(後編)

脱プラ・代替プラ機運高まる今が、ビジネスチャンスだ(後編)

024297-2

環境省 リサイクル推進室 室長補佐 金子 浩明 氏

プラスチック資源循環が1丁目1番地

今年6月開催されたG20大阪サミットでは、2050年までに海洋プラスチックごみによる新たな汚染ゼロを目指す「大阪ブルー・オーシャン・ビジョン」が首脳宣言に盛り込まれた。安倍晋三総理は同サミットで、途上国の廃棄物管理に関する能力構築と、インフラ整備などを日本が支援していくことを表明した。こうした流れを受け、環境省にとってプラスチック対策はまさに「1丁目1番地」のテーマとなっている。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.