> コラム > イトーキが「未来のオフィス空間」を体現 ESGやSDGsにも貢献(後編)
環境経営のためのビル・オフィス脱炭素化ソリューション

イトーキが「未来のオフィス空間」を体現 ESGやSDGsにも貢献(後編)

(前編はこちら

瞑想ルームまで用意

025327-2

さらにオフィスは、建物内で暮らし働く人たちの健康・快適性に焦点を当てた世界初の建物・室内環境評価システム「WELL Building Standard™( 以下、WELL認証)」のゴールド(インテリア)を取得している。この認証は、自販機で売っている飲料水の砂糖の量まで制限されるほどの厳しい基準だ。高性能フィルタで清浄な空気を供給していることや、日光を多く取り入れていること、座位・立位両用デスクや階段の採用で社員の健康を促進していることなどが評価された。

興味深いのは、こころの健康を維持する瞑想ルームまで設けていることだ。瞑想にはストレス緩和や、集中力を高めるといった効果があるとして、米グーグルやアップルなどが近年導入しているが、イトーキでは以前から社員の研修にマインドフィットネスを取り入れてきたという。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 79 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.