> コラム > 今すぐできる環境保全活動「グリーン購入」を理解する4つのポイントとは?
環境経営のためのビル・オフィス脱炭素化ソリューション

今すぐできる環境保全活動「グリーン購入」を理解する4つのポイントとは?

ESG投資、環境経営、脱炭素といった言葉がキーワードとなる昨今。オフィスの運用面から、地道に積み重ねる環境や持続可能な社会への取り組みも重要だ。そこで、今すぐできる環境保全への取り組みとして〈グリーン購入〉にスポットをあてる。

〈グリーン購入〉の4つのポイント

2000年5月、グリーン購入法(国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律)が制定された。国等が自ら率先して環境負荷のできるだけ小さい製品を優先的に購入することで、需要面からも環境配慮型製品のマーケット拡大を促進することが目的だ。

「“環境に良い製品を買いましょう”というのが〈グリーン購入〉の肝であることは確かです」と話すのは、環境省・環境経済課の眞鍋秀聡氏。ただし、〈グリーン購入〉の概念を正しく理解するなら、4つのポイントを抑えて購入する必要がある。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 86 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.