> コラム > 次世代スマートメーターを用いた新ビジネスの可能性(後編)

次世代スマートメーターを用いた新ビジネスの可能性(後編)

ユースケース2.アグリゲーターによる活用

改正電気事業法で「特定卸供給事業」として公式に位置付けられたアグリゲーターは、次世代電力システムの中で、多様かつ重要な役割を果たすと期待されている。アグリゲーターは様々なリソースをアグリゲートすると考えられる。

■ FIP再エネ電源のインバランス抑制

アグリゲート対象の1つが再エネ電源であり、2022年のFIP(フィードインプレミアム)開始後は特に重要となる。FIP電源は同時同量達成義務があるため、インバランス費用抑制のためには正確な発電出力予測をおこなう必要がある。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 91 %

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.