> コラム > 東京ガス 内田社長が語る、「CO2ネット・ゼロ」への挑戦(後編)

東京ガス 内田社長が語る、「CO2ネット・ゼロ」への挑戦(後編)

026395-2

東京ガスは、世界規模で太陽光や風力など再エネ事業に投資を行っている(写真:安中市発電所)

CO2ネット・ゼロへの道筋

CO2ネット・ゼロをいかにして達成するのか。内田社長は「時間軸と手段で考えると3つあります」と話す。

1つ目はまず、低炭素化を徹底的に進める。『Compass 2030』では2030年までに1000万トンのCO2削減を掲げている。低炭素化を進めるには、天然ガスの徹底的な有効利用が重要なポイントとなる。そのために東京ガスでは、街のひと区画をガスコージェネレーションと再生可能エネルギーや未利用エネルギーを組み合わせ、ICTにより最適に制御し効率良く熱や電気を供給することで、省エネとCO2削減を実現する、スマートエネルギーネットワークを構築している。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 90 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.