> コラム > 九州エリア再エネ 指定ルール事業者は一律制御へ 第28回系統WG(後編)

九州エリア再エネ 指定ルール事業者は一律制御へ 第28回系統WG(後編)

前編はこちら)

出力制御見通しの算定結果

九州エリアでは、30日等出力制御枠(旧ルール)の太陽光発電は817万kW存在する。近年の太陽光発電増加ペースを基に試算すると、10年後(2030年度末時点)には700万kW程度の太陽光発電が指定ルールに基づき接続し、合計約1,500万kWまで増加すると予想される。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 94 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.