> コラム > 災害多発時代に備える、サプライチェーンBCP戦略の立て方(後編)
サプライチェーンの強靭化

災害多発時代に備える、サプライチェーンBCP戦略の立て方(後編)

(前編はこちら

中小企業は『お互いさま協定』を

重要要素の中の5つ目『事業継続戦略』には2つある。1つが代替戦略。もう1つは早期復旧戦略だ。

代替なら拠点を他に移す。製造業の場合、工場が2つあれば、もう1つの工場に生産を移していく。大企業なら2カ所以上に工場を持ったり、同じような製品を海外工場で生産するといった手が考えられる。ただ、中小企業で工場を2つ以上持つことは難しい。ソリューションとして中小企業庁では、同業者と手を組む『お互いさま協定』を推進する。中小企業がお互いに手を組んで、いざという時には休日夜間の空いた時間を使い、最低限必要な製品を作る。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 90 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.