環境ビジネスフォーラム「脱炭素経営の推進―2030年50%排出削減の実現へ」

経団連が語る脱炭素に向けた経済界の役割 「チャレンジ・ゼロ」プロジェクト

経済と環境の好循環の実現には不可欠とされる「技術革新の創出」。気候変動対策に向けた技術革新をもたらす経団連の新プロジェクト「チャレンジ・ゼロ」とはどういった取り組みか、また脱炭素に向けた経済界の役割とは。日本経済団体連合会 環境エネルギー本部 上席主幹 チャレンジ・ゼロ推進室長 谷川 喜祥氏が説いた。

028464-3
日本経済団体連合会
環境エネルギー本部 上席主幹
チャレンジ・ゼロ推進室長
谷川 喜祥 氏

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報