環境ビジネスフォーラム「脱炭素経営の推進―2030年50%排出削減の実現へ」

アサヒG、カーボンゼロへの挑戦 物流部門で新たな取り組みを開始

「期待を超えるおいしさ、楽しい生活文化の創造」をミッションに掲げる総合酒類・飲料メーカーのアサヒグループ。サステナビリティマネージャー 原田 優作氏が、バリューチェーン全体におけるCO₂排出量削減からプラスチックや水資源などの有効利用、独自の技術を活用した環境価値の創出まで多岐にわたる同社の活動について紹介した。

028462-2
アサヒグループホールディングス
サステナビリティマネージャー
原田 優作 氏

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報