> コラム > 東京都、「2030年カーボンハーフ」達成へ カギは再エネと水素
東京都 ゼロエミッションへの道

東京都、「2030年カーボンハーフ」達成へ カギは再エネと水素

環境ビジネス編集部

2050年CO2排出実質ゼロの実現へ向け、取組みを加速する東京都。2021年1月、新たなマイルストーンとして“2030年カーボンハーフ”を掲げ、3月には『ゼロエミッション東京戦略2020 Update & Report』を策定した。アップデートされた戦略における、エネルギーセクターの取組を聞いた。

再エネ電力利用割合50%に

『ゼロエミッション東京戦略』の実現に向け、2030年までの今後10年間を“極めて重要”と位置付ける東京都。今年1月、行動を加速するマイルストーンとして、都内温室効果ガス排出量を2030年までに半減する“カーボンハーフ”の実現を表明した。

目標達成に向けては、ビジネス、市民生活、都市づくりなど、あらゆる分野の社会経済構造を脱炭素型に移行する再構築、再設計が必要となる。このため、都では2021年3月、

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 87 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.