> コラム > 再エネ普及のカギとなるVPP 東京都南大沢エリアの取り組みに迫る
東京都 ゼロエミッションへの道

再エネ普及のカギとなるVPP 東京都南大沢エリアの取り組みに迫る

環境ビジネス編集部

東京都、南大沢地区でVPPを活用した『地域における再エネシェアリングモデル事業』が開始された。再エネ自家消費の促進と地域の再エネを軸としたエネルギーシェアリングを推進し、再エネ大量導入時代を見据えた需給調整にチャレンジする。

地域全体で再エネを有効活用

再エネ利用の推進にあたり課題となるのは、需要と供給のミスマッチ。せっかく創り出した再エネを使えないのは、地域だけでなく日本全体で見ても大きなロスとなる。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 84 %

東京都 ゼロエミッションへの道 バックナンバー

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.