> コラム > 都、30年カーボンハーフ実現に向けたシナリオ 鍵を握るのは自身の取り組み
東京都 ゼロエミッションへの道

都、30年カーボンハーフ実現に向けたシナリオ 鍵を握るのは自身の取り組み

環境ビジネス編集部

『ゼロエミッション東京』へ向け、2021年1月27日、小池都知事は“2030年までに温室効果ガス排出量を2000年比で50%削減、再エネ電力の利用割合を50%程度まで高めていく”ことを表明した。東京都自身が率先して脱炭素への行動を起こすことで、都民、企業、市民団体を巻き込み、〈TIME TO ACT〉で2030年のカーボンハーフを目指していく。

東京都 環境局長

東京都 環境局長

2050年は遠い未来ではない

『ゼロエミッション東京』実現へ向けた2030年のカーボンハーフを達成するべく、取り組みを進める東京都。“隗より始めよ”の意識のもと、都庁自ら脱炭素への取り組みを率先して行う。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 89 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.