> コラム > 脱炭素化達成のカギは『未利用エネルギー』の有効利用
製造業に課せられる脱炭素対策 工場のカーボンニュートラル

脱炭素化達成のカギは『未利用エネルギー』の有効利用

環境ビジネス編集部

年間1兆kWhもの未利用エネルギーの排熱が廃棄されている。その90%を化石燃料に依存し、最終エネルギー消費の73%を熱などで消費している。そのうちの約30%を産業分野占め、脱炭素社会の実現に大きな課題となっている。

製造業のエネルギー消費は現在でも最終エネルギー消費全体の4割ほどを占めていることもあり、更にエネルギー効率を高めていくことが期待されている。

最終エネルギー消費で最大のシェアを占める産業部門(製造業、農林水産業、鉱業、建設業)と業務他部門(第三次産業)における2019年度の最終エネルギー消費は全体の69.4%であった。

製造業は生産コスト低減の観点からエネルギー効率向上に関心が高い

製造業のエネルギー消費をエネルギーの種類別に見ると

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 92 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.