> コラム > 国内・洋上風力発電の案件形成加速化へ、求められる対策とは?
全国各地で開発が進む 急がれる日本仕様の洋上風力発電

国内・洋上風力発電の案件形成加速化へ、求められる対策とは?

環境ビジネス編集部

初期段階から政府や自治体が関与し、より迅速・効率的に風況等の調査、適時に系統確保等を行う仕組み(日本版セントラル方式)で、実証事業を立ち上げ案件形成を促進し、継続的な区域指定につなげていくことが重要である。

再エネ海域利用法で定める指定基準や手続きについて、具体的な考え方や運用方針を記載している促進区域指定ガイドラインでは、早期に促進区域に指定できる見込みがあり、より具体的な検討を進めるべき区域を「有望な区域」として選定し、協議会を設置して促進区域の指定に向けた協議を開始することとしている。

電力消費地との間に必要な大容量送電系統は国が確保

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 88 %

全国各地で開発が進む 急がれる日本仕様の洋上風力発電 バックナンバー

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.