年間1億トンのCCS実現に向けて 長期ロードマップ策定へ(後編)

  • 印刷
  • 共有

CO2を大気中から除去するネガティブエミッション技術のひとつがCCS(CO2回収・貯留技術)である。資源エネルギー庁では現在、CCS長期ロードマップの策定に向けた検討を進めている。後編では想定年間貯留量、同事業の想定スケジュールなどについて紹介する(前編はこちら)。

CCSの想定年間貯留量

第6次エネルギー基本計画の検討段階においては、2050年の発電電力量の約1割に相当する量を化石燃料火力発電+CCUSで対応する場合、年間約1億トンのCO2を回収することが想定されていた。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報