> > ライフサイクル・アセスメント

環境用語集

ライフサイクル・アセスメント【らいふさいくるあせすめんと】

ライフサイクル・アセスメントとは

ライフサイクル・アセスメントとは、商品やサービスの原料調達から、廃棄・リサイクルに至るまでのライフサイクル全体を通しての環境負荷を定量的に算定する手法のこと。LCA(Life Cycle Assessment)とも呼ばれる。

一般的には、製品やサービスなどにかかわる、原料の調達から製造、流通、使用、廃棄、リサイクルに至る「製品のライフサイクル」全体を対象として、各段階の資源やエネルギーの投入量と様々な排出物の量を定量的に把握し(インベントリ分析)、これらによる様々な環境影響や資源・エネルギーの枯渇への影響などを客観的に可能な限り定量化し(影響評価)、これらの分析・評価に基づいて環境改善などに向けた意思決定を支援するための科学的・客観的な根拠を与え得る手法である。

LCAの概念とISO-LCAの枠組み

国際標準化機構(ISO)では、ライフサイクル評価の実施事例の増加に伴い、その共通基盤を確立することが望ましいと判断し、評価手法の規格化を行っている。

LCA関連のISO規格

(平成22年度 環境省 バイオ燃料の温室効果ガス削減効果に関するLCAガイドラインより引用)

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.