オリックス・国際航業HD、香川県でそれぞれメガソーラーを建設

  • 印刷
  • 共有

香川県は、13日、オリックスと国際航業ホールディングスが、それぞれ県内の民有地にメガソーラー(大規模太陽光)発電所を建設すると発表した。国の再生可能エネルギー全量買取制度を前提としたメガソーラー発電所として具体的に設置が決定したのは、同県内初で、四国内においても初の案件となる。発電した電力は2ヵ所とも、すべて四国電力に売電する予定。

出力規模はともに約2MW。オリックスは、三豊市の宅地30000m2にメガソーラー発電所を設置。平成24年9月の稼働を予定している。国際航業ホールディングスは、坂出市の塩田等32000m2にメガソーラー発電所を設置。平成24年7月の稼働を予定している。

続きは無料の会員登録(必須情報入力)完了後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事