> > オリックス・国際航業HD、香川県でそれぞれメガソーラーを建設

オリックス・国際航業HD、香川県でそれぞれメガソーラーを建設

記事を保存

香川県は、13日、オリックスと国際航業ホールディングスが、それぞれ県内の民有地にメガソーラー(大規模太陽光)発電所を建設すると発表した。国の再生可能エネルギー全量買取制度を前提としたメガソーラー発電所として具体的に設置が決定したのは、同県内初で、四国内においても初の案件となる。発電した電力は2ヵ所とも、すべて四国電力に売電する予定。

出力規模はともに約2MW。オリックスは、三豊市の宅地30000m2にメガソーラー発電所を設置。平成24年9月の稼働を予定している。国際航業ホールディングスは、坂出市の塩田等32000m2にメガソーラー発電所を設置。平成24年7月の稼働を予定している。

同県では、メガソーラー発電所を誘致するために、地元自治体と連携し、候補地情報の提供や現地案内、地権者等との連絡調整などに当たってきた。今後もメガソーラー発電所の建設に向けて、地元自体とも協力しながら、ワンストップサービス窓口として、各種行政手続きなどをサポートしていくとしている。

四国内では、出力1000KW以上のメガソーラーとして、四国電力の松山太陽光発電所(出力2.042MW)があり、また、県内では昨年3月、今治造船多度津事業部で自社使用を目的とした約1.3MWの太陽光発電設備が設置されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.