> > 経産省 太陽光発電など、再生可能エネルギー全量買取制度案を公表

経産省 太陽光発電など、再生可能エネルギー全量買取制度案を公表

記事を保存

経済産業省が設置している再生可能エネルギーの全量買取に関するプロジェクトチームの第5回会合が23日に開催され、今後の法案提出までの大枠を定めた『「再生可能エネルギーの全量買取制度」の導入に当たって(案)』が発表された。

買取対象は、太陽光に加え、風力、地熱、バイオマス、中小水力発電による発電エネルギーで、家庭や企業が新設したもの。なお、設置のタイミングによって損をすることのないよう、条件付きで既設も認めるという。太陽光発電については、住宅用は現行の余剰買取制度と補助金制度の併用による普及策を維持し、買取価格は現行の1kWhあたり48円を軸に検討するとしている。また、買取期間は10年の予定。公共産業用の買取価格などについては今後議論する。一方、風力をはじめその他の電力は、1kWhあたり15~20円で買い取り、買取期間は15~20年。

買い取りのコストや系統安定化のための設備敷設の費用は、国民全体で負担する形となり、標準家庭の電気料金で月額150~200円程度の上乗せになることが想定されている。また、同制度の実施により、再生可能エネルギーの導入量は3200~3500万kW増加し、CO2排出量を2400~2900万トン削減できるとみている。同制度は、2011年の通常国会での法案提出を目指す。法案が通過すれば、2012年度から実施される見込みだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.