> > 丸紅など、中国でのハウス栽培システム販売に向けて栽培実証を開始

丸紅など、中国でのハウス栽培システム販売に向けて栽培実証を開始

記事を保存

丸紅は、苗生産販売を中心としたアグリベンチャー企業ベルグアース、植物工場の装置と野菜販売を手がけるみらいと共同で、中国の農業生産法人を対象に、日本の農業ノウハウを活用した苗から栽培までの一貫施設栽培(ハウス栽培)システムを販売展開することで合意し、中国の江蘇省南通市・山東省平度市の施設で栽培実証を開始した。

同栽培システムは、ベルグアースが日本同様に生産した高品質・減農薬の野菜苗を使用し、丸紅が肥料・水分の保持力に優れた人工土壌「ヴェルデナイト」等の栽培用資材を供給、みらいが人工光利用型植物工場・水耕式栽培装置の販売事業を通して培った、安心・安全・高品質の栽培技術を応用したもの。

中国は近年、食料増産の手段として施設栽培を急激に増やしている。現在では、日本の約60倍にあたる300万haを超え、全世界の80%を占める世界最大の施設栽培国となり、さらに毎年7万haの施設が新設されている。

一方で、人口増加・食生活の変化に対応すべく、これら施設栽培においても、多施肥・多農薬・連作を繰り返した結果、土壌障害問題が多発している。異常気象や水不足も重なり、農産物の生産性低下という深刻な状況に直面しており、現状打破の為の革新的農業技術の導入が重要課題となっている。

丸紅はこれらの中国農業の状況を踏まえて「リーズナブルなコストで、管理がシンプルな日本式施設栽培システム」による解決策として、同栽培システムを提案した。これにより農産物の生産性と収益性を向上させるだけでなく、栽培技術指導も行うことで中国における食の安心・安全も同時に追求し、同国の農業発展に貢献していきたい考えだ。

※株式会社みらい関連
参考1:宮城県の人工光型植物工場で環境制御の最適化とLED照明利用の実証実験
参考2:千葉大、三井不動産など、小型植物工場を福島県の小中学校に設置

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.