既存業務ビルの先進的なCO2抑制設備導入に補助金、市場メカニズムも活用

  • 印刷
  • 共有

環境省は、既存の業務ビルを対象に、先進的な設備導入と運用改善、市場メカニズムの活用により、効率的にCO2排出を抑制する取り組みについて補助金を交付する。本補助事業の参加者の公募期間は5月18日から6月29日まで。公募説明会を大阪、名古屋、東京で開催する。

本事業は、先進対策の効率的実施による業務CO2排出量大幅削減事業設備補助事業(ASSET事業)として平成24年度から開始するもの。予算総額は6億円。既存の業務ビルを対象に、先進対策(BAT)を組み合わせた削減約束の申請、費用対効果の高い順の選択(リバースオークション)、排出枠の取引による総量削減等を組み合わせて行う、CO2排出抑制設備の整備に対して補助金を交付する。CO2排出量の増加が著しい業務用ビル等において、市場メカニズムも活用することにより、効果的にCO2排出量大幅削減を図ることを目的としている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事