> > 神奈川県、「屋根貸し事業」を見通し、太陽光発電設置の新型プランを公募

神奈川県、「屋根貸し事業」を見通し、太陽光発電設置の新型プランを公募

 印刷 記事を保存

神奈川県は、7月から始まる再生可能エネルギーの固定買取価格制度において、「屋根貸し事業」が導入されることを見通して、事業者から住宅用太陽光発電設備の設置における新型プランを公募すると発表した。

今回募集する新型プランは、県民が設置費用を負担して太陽光発電設備を設置するのではなく、事業者が設置費用の全額又は一部を負担して太陽光発電設備を設置する仕組みに基づく設置プラン。戸建住宅のみを対象とし、有効期間は平成25年3月末日までとなる。

再生可能エネルギーの固定買取価格制度では、事業者が複数の住宅に、それぞれ10kW 未満の太陽光発電設備を設置して発電事業を行うことができる「屋根貸し事業」の導入が予定されている。新型プランでは、「屋根貸し事業」を見通したビジネスモデルのほか、余剰買取や全量買取を活用し、県民が低額または負担なしで設置できるプランを募集する。アイデアレベルの提案ではなく、実施する事業者の体制、具合的な仕組みや手続き、適用される住宅等の条件、設置費用の回遊見込等を明確にし、ビジネスモデルとして成立することを要件としている。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.