> > SII、BEMSアグリゲータからの申請状況を発表 エナリスが最多458件

SII、BEMSアグリゲータからの申請状況を発表 エナリスが最多458件

記事を保存

環境共創イニシアチブ(SII)は、中小ビル等に対してBEMSの導入を補助する事業において、BEMSの導入とエネルギー管理を支援するBEMSアグリゲータを通じた、BEMS導入申請状況(6月22日時点)を公表した。BEMSアグリゲータ23事業者のうち、導入申請(事業所数)トップは、エナリスで458件。次いで洸陽電機の135件、東芝の116件となっている。本事業は本年4月にスタート。まだ、1~10件というBEMSアグリゲータも多く、0件というBEMSアグリゲータも5事業者あった。

本事業は、平成23年度「エネルギー管理システム導入促進事業補助金(BEMS)」として実施されているもので、中小ビル等の高圧小口の電力需要家を対象に、エネルギー管理システム「BEMS」の導入に補助金を交付するもの。事業期間は平成24年4月から平成26年3月31日まで。本事業では、SIIに登録を受けた「BEMSアグリゲータ」が、中小ビル等に対してBEMSを導入するとともに、エネルギー管理支援サービスを行うことが要件となっている。BEMSアグリゲータによって、BEMS、エネルギー管理支援サービスの費用、機能・内容、サービスの開始時期、導入目標件数も異なる。

エナリスは、導入目標値として最多の16,107件を掲げ、ユーザー目線の価格を打ち出したBEMSを提供する。洸陽電機の導入目標値は1,163件。ESCO事業・省エネリニューアル事業を全国で展開してきたノウハウを活かし、BEMS導入から運用改善・省エネリニューアルまでワンストップで提供する。本事業全体では、BEMS導入計画の目標値として、事業所数65,216件、契約電力合計9,241,742kWを掲げる。6月22日時点での申込件数は850件となっている。

参考:一般社団法人 環境共創イニシアチブ(SII) - BEMSアグリゲータの事業者特長、BEMS導入申請状況、BEMS導入目標一覧(PDF、255KB)
※リンク先のデータは更新されており、記事内の数値と違っている可能性があります。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.