> > ローソン、太陽光発電システムを2年で2,000店舗に導入 10月より売電開始

ローソン、太陽光発電システムを2年で2,000店舗に導入 10月より売電開始

記事を保存

ローソンは、今年9月より、店舗の屋根への太陽光発電システム設置を発電量の多い地域から優先して設置を開始することを発表した。今年度中に1,000店舗、来年度中に1,000店舗の合計2,000店舗に導入する予定で、電力会社申請許可後の10月より売電を開始する。 これは7月1日に施行された再生可能エネルギーの固定価格買取制度に合わせて、発電した電力を売電するためのもの。

今回1店舗に設置する太陽光発電システムでは、売電用の10kW(5kW×2系統)と店舗使用の2kWの合計12kWの発電が可能で、電力量は年間約11,000kWh。店内には発電量が表示されるモニターを設置し、リアルタイムでの確認が可能。また、インターネット上でも発電量を確認できるので、本部でも稼働状況を管理することができる。

太陽光パネルは、発電効率が高く、施工体制や保守体制に優れているとして、国内メーカーであるソーラーフロンティアパナソニックを採用。ソーラーフロンティアの太陽光パネルは、CIS薄膜系パネルを使用し、影や温度による影響を受けにくく、年間実発電量が多いのが特長。パナソニックの太陽光パネルは、シリコン多結晶系パネルを使用しコストが低いうえ、発電効率が高く、設置スペースが限られた店舗に向いているのが特長。

これまでローソンは、環境配慮店舗での太陽光発電やリチウムイオン電池などの実験を行い、現在、全国20店舗に太陽光発電システムを設置している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.