> > 積水化学、10kW超の太陽光発電システム搭載の賃貸住宅を展開

積水化学、10kW超の太陽光発電システム搭載の賃貸住宅を展開

記事を保存
積水化学、10kW超の太陽光発電システム搭載の賃貸住宅を展開

積水化学工業は、10kW超の太陽光発電システムを搭載する賃貸住宅の新提案「BIGソーラー(ビッグソーラー)」を7月24日より全国(沖縄・積雪地域除く)で展開すると発表した。オーナーの長期安定経営と収入の拡大を実現する大容量太陽光発電付き賃貸住宅として販売に注力していく計画だ。

「BIGソーラー」では、7月からスタートした「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」を活用し、家賃だけではなく「屋根」も使った新しい賃貸経営を提案する。その特徴として、10kW超の太陽光発電を搭載することによる収益性拡大と、余剰売電や複数プランの組み合わせも可能にしたことがあげられる。収益性拡大では、不動産収入に売電収入をプラスしたハイブリッド経営を提案する。また、「全量買取」の魅力を引き出すよう屋根全面太陽光発電設置も可能にした。プランの組み合わせでは、余剰売電として入居者に配分(入居者光熱費大幅削減プラン)するプランや、オーナーと入居者に配分できるプランを用意した。賃貸住宅市場においては空室率が高まっており、入居者に対して差別化を打ち出すことが求められている。

同社は1997年から戸建て住宅への太陽光発電搭載を始め、昨年末にその建設棟数は10万棟を超え、業界No.1の実績を誇る。賃貸住宅の分野においては3年前から差別化の一環として本格的に搭載を開始。同社の賃貸住宅の主力商品はフラット屋根のため太陽光発電搭載のスペースを確保しやすく、入居者にとっては光熱費削減、オーナーにとっては余剰電力の売電収入獲得といったメリットがあるため、2011年度は平均8.4kWを搭載、採用率80%に迫る勢いとなっている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.