> > 山形県、臨港地区2カ所で風力発電事業者を募集

山形県、臨港地区2カ所で風力発電事業者を募集

記事を保存

山形県は、酒田港臨港地区の2カ所の区域において、風力発電施設の設置に関する提案を募集する。発電電力については、再生可能エネルギーの固定価格買取制度を活用して東北電力へ売電する。計画出力及び基数については限定しない。募集期間は8月20日から9月21日まで。

酒田港は、全国有数の風況条件に恵まれることから、風力発電の導入ニーズが期待されている。今回募集する区域は、募集区域A(酒田市宮海大字南浜)(約2.3ha)、募集区域B(酒田市大浜)(約1.6ha)の2カ所。風力発電施設の規模及び設置位置は、周辺地域における経済活動等への影響、港湾利用者及び景観等へ配慮した上で、適切に提案するものとしている。なお、両区域とも周辺の水域の漁業権は抹消済みであるため、漁業関係者との漁業権に関する協議は不要である。選定された応募者に対して、貸付又は占用許可を条件付きで確約する。ただし、選定(通知)の日から3年以内に東北電力との接続契約に至らなかった場合、貸付又は占用許可の確約は効力を失う。

選定・決定の通知は、9月26日を予定。選定は風力発電の出力の大きさを優先し、応募者の提案から選定する。系統空き容量の範囲内とし、同規模の場合は抽選とする。

応募者の要件として、1.酒田港において風力発電事業を実現することができる総合的な企画力、技術力、資金力及び経営能力を有していること、2.山形県内に本店、支店、営業所等を有し、緊急時に迅速な対応が可能であること等、3.再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法の下で、東北電力株式会社に売電する目的で風力発電事業を行う者であること、3つがあげられている。

参考:山形県 - 酒田港風力発電施設の設置に関する提案の募集について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.