> > 山形県、臨港地区2カ所で風力発電事業者を募集

山形県、臨港地区2カ所で風力発電事業者を募集

 印刷 記事を保存

山形県は、酒田港臨港地区の2カ所の区域において、風力発電施設の設置に関する提案を募集する。発電電力については、再生可能エネルギーの固定価格買取制度を活用して東北電力へ売電する。計画出力及び基数については限定しない。募集期間は8月20日から9月21日まで。

酒田港は、全国有数の風況条件に恵まれることから、風力発電の導入ニーズが期待されている。今回募集する区域は、募集区域A(酒田市宮海大字南浜)(約2.3ha)、募集区域B(酒田市大浜)(約1.6ha)の2カ所。風力発電施設の規模及び設置位置は、周辺地域における経済活動等への影響、港湾利用者及び景観等へ配慮した上で、適切に提案するものとしている。なお、両区域とも周辺の水域の漁業権は抹消済みであるため、漁業関係者との漁業権に関する協議は不要である。選定された応募者に対して、貸付又は占用許可を条件付きで確約する。ただし、選定(通知)の日から3年以内に東北電力との接続契約に至らなかった場合、貸付又は占用許可の確約は効力を失う。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.