> > パナソニック、家電を制御する中核機器を発売、セット化したHEMSを本格展開

パナソニック、家電を制御する中核機器を発売、セット化したHEMSを本格展開

記事を保存
パナソニック、家電を制御する中核機器を発売、セット化したHEMSを本格展開

パナソニックは、ホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS)において、電気設備・家電を制御する機器「AiSEG(アイセグ)」を発売し、それを中核機器としたHEMS「スマートHEMS」を10月21日から本格展開する。セット価格は112,350円(税込、工事費別)。2013年度は1万セットの販売を見込む。

今回、同社は「AiSEG」のほか、既設の分電盤にもつながる計測ユニット「AiSEG用エナルギー計測ユニット」、HEMSモニター2種をランナップする。「スマートHEMS」は、スマートハウス向け通信規格「ECHONET Lite」を搭載し、対応機器をマネジメントする「AiSEG」を中核機器として、家中のエネルギーの可視化に加え、各種機器をコントロールする。連携する機器としては、エアコン、IHクッキングヒーター、エコキュートを用意する。AiSEGと計測ユニットのセットは、「平成23年度エネルギー管理システム導入促進事業」において、補助金対象機器に採択されている。

各種モニターでは、回路ごとに電気、ガス、水道の使用量をリアルタイムに計測された情報を見える化する。電気については、現在の家全体の電力収支、CO2収支、料金(目安)換算や、太陽光発電システム、燃料電池の発電状況などについても表示する。また、専用のモニター以外でも、テレビ、パソコン、スマートフォンで蓄電池の充電量など、様々な場所や画面でのモニタリングも行うことができる。

さらに、クラウド型サービスにも対応。住宅設備として長期間の使用に応えられるよう、クラウド型サービスを通じたファームウェアの更新で対応していく予定。例えば、電気料金メニューの変更、対応家電・住宅設備機器の増加、スマートメーター、電気自動車の充電設備、照明、セキュリティ、ヘルスケアとの連携など今後拡充していく。将来的には、家の情報ネットワークインフラとして、HEMS機能以外の分野への展開も目指す。

環境意識の高まりに加え、東日本大震災以降は電力供給不安も重なり、国内では一般家庭の節電対策が急務となっている。そのような中、HEMSは経済産業省より、最大10万円の補助金交付が開始されていることや、スマートハウスの開発が進んでいることなどから、今後、普及拡大が見込まれている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.