> > 太陽光発電協会、来月中旬に関連事業者注目のシンポジウム開催

太陽光発電協会、来月中旬に関連事業者注目のシンポジウム開催

 印刷 記事を保存

太陽光発電の業界団体である太陽光発電協会(JPEA)は、10月17日(水)、18日(木)(9:30~17:30)の2日間にわたり、「第29回太陽光発電システムシンポジウム」を開催する。今回のテーマは「日本版FITが拡げる太陽光発電ビジネス」。7月に固定価格買取制度が施行されたことを受け、活況を呈する太陽光発電市場の現状や課題、新たなビジネストレンド、最前線の技術・開発についての講演等が行われる。

1日目はセッション1、2からなる。セッション1は「太陽光発電 新たなステージへ」をテーマに、太陽光発電市場の現状と今後について、京都大学教授で調達価格等算定委員会委員長の植田和弘氏による基調講演と、資源総合システム代表取締役社長の一木修氏及び太陽光発電協会幹事の本多潤一氏による特別講演が行われる。セッション2は、「住宅用太陽光発電 さらなる進化を目指して」をテーマに、住宅メーカーや電機メーカーによる、住宅でのエネルギー活用の取り組みの紹介や、パネルディスカッションが行われる。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.