> > 百五銀行、全国初、固定金利期間も20年、太陽光発電事業融資を開始

百五銀行、全国初、固定金利期間も20年、太陽光発電事業融資を開始

記事を保存
百五銀行、全国初、固定金利期間も20年、太陽光発電事業融資を開始

百五銀行(三重県津市)は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度に基づいて、太陽光発電事業を行う顧客向けに、新しい融資商品の取り扱いを9月3日より開始した。本商品では、同事業にかかわる設備資金を長期間にわたって利用できるように、融資期間を最長20年、固定金利を希望する場合も最長20年とした。

本商品は、百五環境融資「太陽光発電事業融資」。太陽光発電事業に対する専用商品の取り扱いは、東海地区地銀で初、また、本事業に対する専用商品において固定金利での融資期間を最長20年とする取り扱いは全国初となる。

内容が以下の通り。資金使途は太陽光発電事業に関する設備資金。貸出金額は1千万円以上10億円以内、貸出期間は20年以内。返済方法は元金均等返済(据置1年以内)。融資形態は証書貸付。金利タイプは固定金利型(最長20年)、変動金利型。基準金利は同行所定のものとなる。なお、審査の結果、希望に添えない場合もある。

百五銀行は明治11年に創立。環境融資では、CO2削減など地球温暖化防止に関わる企業活動を評価し、優遇金利で資金供給を行う「エコ・フロンティア(環境格付融資)」が好調で、平成24年3月末累計での取扱実績は68件、136億4300万円となっている。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.